eお坊さんねっと


しゅうかつは「修活」、

人生そのもの


たとえば、

こういった事柄は

すべて「しゅうかつ」です。


                        

しゅうかつ 「修活」


人生100年時代!


「いつまでも元気で」「夢をもって」「楽しく生きる為に」は、


「目標を立て」「生きがいを持ち」「活動すること」です。


そのためには今何を行うかを考えることが大切です!


「修活」は一般的に言われている「終活」ではありません。


人が人生を修める(生きる)ことを「修生(しゅうせい)」と表現するならば、


その行い(活動)は修生活動(修活:しゅうかつ)です。(「就活」も「婚活」も「終活」も含みます。)


つまり人生を通しての活動がしゅうかつ「修活」で、人生のデザイン&活動をすることです。


デザインとは、計画・設計です。


人生を通しての活動が「修活」、記録として残すのが「人生デザインノート」です。



「修活」を始めるタイミング

なんとなく思い立ったときから始めるのもいいですが、

何かの転機のタイミングで始めると目的意識もはっきりし弾みがつきやすくなるかもしれません。

「人生デザインノート」:概ね次の構成です。
T.【ライフ編】:まだまだ元気な人生編です
  
  ・基本情報 ・自分史 ・略歴 ・今後の計画(ここが重要)
  ・健康状態等 ・各種保険/財産/金融/各種カード等の情報
  ・債権/債務情報
  ・各種デジタル(パソコン、スマホ、各種会員登録など)の管理情報
  ・防災対策

U.【ケア編】:一般的に「終活」情報とされているもの
  
  ・家族/親族情報/家系図 ・菩提寺/教会/その他宗旨情報
  ・友人/知人情報 ・取引先/関連/所属団体 ・ペットについて
  ・看護や介護等/告知事項/終末医療と要望
  ・葬儀 ・お墓関連(葬儀費用や式典・供養と法要等)
  ・遺言書について ・遺産と遺品 ・メッセージ
  ・死後の手続き ・専門家のサポートが必要な事務手続

V.【ライフ編・ケア編共用】:添付情報(補足情報等)

※「自身のその時点の状況を整理する→
   現状を認識する→
    以降の目標をデザインする→
     人生デザインノートに整理する(書く)→
      定期的(年初、誕生日、結婚記念日等々)に見直す」
  
この一連の活動が「修活」です。